ISO20000とプライバシーマークを取得した、第3者機関の認める管理体制でお客様の大切な情報を守ります。

情報セキュリティ基本方針

株式会社デジタルライン(以下、「当社」)は、企業理念として「人にやさしいITサービスを提供し社会の発展に貢献する」を掲げ、そのためにITサービスの価値を高め、包括的なサービスで持続的な成長を目指します。この理念を達成するには、情報セキュリティおよび個人情報保護の確保は重要課題であると考えます。
当社は、お客様および自らの情報資産を脅威から守り、継続的かつ安定的にサービスを提供することが当社の社会的責任であると認識し、これを実現するために本方針を定め、情報セキュリティの向上を図ってまいります。

  • 1.情報セキュリティ体制の構築

    当社は、情報セキュリティの向上に向けた活動を継続的に実施・改善してゆく体制及び仕組みを確立するために情報セキュリティマネジメントシステムを導入し、情報セキュリティの推進を図ります。

  • 2.情報資産の保護

    当社は、情報資産に対し、物理的、技術的、組織的および人的なセキュリティにおいて適切な情報セキュリティ対策を講じ、情報資産の保護に努めます。

  • 3.情報セキュリティ事件・事故の対応

    当社は、万が一情報セキュリティの問題が発生した場合、またはその予兆があった場合、速やかに対応し、最小限の被害に留める策を講ずるとともに、再発防止および維持改善に努めます。

  • 4.法令等の遵守

    当社の経営者、従業員は、関係法令およびお客様との契約等を遵守するとともに、当社が定めた規程・ルールを順守します。

  • 5.情報セキュリティ教育の実施

    当社は、役員、従業員に対し、情報セキュリティの重要性を認識させ、意識の向上及び関連する諸規程の周知徹底を図ると共に、継続的に教育を実施します。

  • 6.継続的な改善

    当社は、本方針を法制度や社会情勢、技術等の様々な変化、また監査結果等に応じて定期的に見直し、継続して改善を行います。

制定 2008年12月12日
改訂 2015年04月01日
株式会社デジタルライン
代表取締役 西村 治